FC2ブログ

    暗号通貨は取引所に置き過ぎない

    う〜ん、、、カンボジアから検索エンジンで来られた方、
    文書の内容読めたのかな? 理解できたのかな?
    一体どんな内容で検索してきたのかな?
    興味あるわ〜(笑)

    それはおいといて。

    暗号通貨の価格変動が、昨年に比べて極端に上下している感じがあります。
    昨年の今頃は10万円をちょっと超えるぐらいだったと思うビットコイン。
    昨年末には200万を超えていたと思ったら、今月始めには60万円台に(笑)
    今は100万円台の後半になっているのが興味深いです。
    200万の頃に買った人は、現時点では半額になっていますが
    昨年の今頃買った人は、今の時点でも10倍近い価格上昇になっている、ということですね。

    個人的には、今後はビットコインを買うよりもイーサリアムを買ったほうが
    メリットが大きいように思いますけどね。
    ※あくまでも個人的な感想です。

    価格の急上昇を狙うなら、現時点では1円以下の価値しか持たない
    通称「草コイン」といわれているものを買っておくと面白いかもしれません。
    もちろん、ホワイトペーパーといわれる、その暗号通貨がどのような目的で作られたのか、
    どのような展開を目指しているのかをよく確認した上で
    「お布施感覚で」投資してみるのも面白いかもしれません。

    草コインの中では「買ったら2年気絶しろ」なんていわれています。
    今の価値で一喜一憂するのではなく、将来の価格上昇に期待しろ、ということでしょう。

    私も気がついたら10種類ぐらいの草コインを持っていますが、
    どれかひとつぐらい価格が上昇しないかな、、、と期待しながら気絶しています(笑)
    つまり、現在価値に左右されず保持しておく、ということです。

    暗号通貨は、所持しているコインの数が多くなれば多くなるほど
    管理が面倒になってきます。
    コインチェックのように、管理の甘い取引所に預けておくのは不安。
    ということで、今年はハードウェアウオレットに注目が集まるかもしれません。
    先日FuzeXのICOがあったのですが、瞬殺でしたね。
    買えやしない(涙)

    FuzeXはカードそのものがハードウォレットの機能を持っているので、
    現時点では取引所に暗号通貨を置いておくリスクを回避するための
    有力な方法だと思ったのです。

    どこかで、ハードウェアウオレットを買おうかな、、、
    #と思ったけど、私の暗号通貨はコールドウオレットにあるから大丈夫か(笑
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    名刺を作るなら
    ビスタプリント(Vistaprint)で印刷
    プロフィール

    滝川礼

    Author:滝川礼
    MacBook AirとiPhone,iPadを手に
    駆け回るエンジニア
    @SOHO(https://www.atsoho.com/)
    メールマガジンのライターをしています

    MCITP:
    ・Windows Server 2008
    ・SQL Server 2005

    ・情報セキュリティアドミニストレータ(2005)

    よく検索されている記事
    よく検索されているアイテム
    よく検索されるアイテムの価格をチェック!
    RSS
    カテゴリ

    検索フォーム
    リンク
    お問い合わせはこちらから
    よくいただくお問い合わせについては、ブログの記事をもってご回答とさせていただきます。ご了承願います。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング
    リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
    ページランク表示ツール
    [ジャンルランキング]
    未設定
    --位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    未設定
    --位
    アクセスランキングを見る>>