FC2ブログ

    iPhoneのMDMを使って一家のiPhoneを統合管理する

    モバイルデバイス管理 (MDM)というと、大企業向けのソリューションという感じがありますが、
    家庭でも十分使える仕組みだと思います。

    モバイルデバイス管理 (MDM)で出来ることとして

    ・アプリのインストールや削除を制限
    知らない間に有料アプリや出処の不明なアプリをインストールできないよう
    アプリのインストールを制限できます。同時に、勝手にアプリを消せないようにすることで
    必要なアプリが使えなくなることを防げます。

    ・OSのアップデートを制限
    OSのアップデートも時にはトラブルの原因になることがあります。
    新しいOSアップデートが出たときも、数日経過してもトラブルが報告されていないことを
    確認してからアップデートを許可すれば、不要なトラブルを回避できます。

    ・遠隔操作でアプリのインストールと削除を実行
    ゲームであってもユーティリティであっても、管理者が許可したものだけを
    インストール可能になります。また、セキュリティ上の問題などで緊急に
    削除したいアプリがあれば即削除が可能です
    (※当然ですが、インターネット接続している状態である必要があります)

    ・位置情報の取得
    位置情報の取得を行なうことで、置き忘れてしまったスマートフォンの場所を特定したり
    子供の現在地を把握したりすることができます。

    ・紛失したスマートフォンの遠隔ロックや最悪の場合のリモートワイプ
    無くしてしまったスマートフォンの操作を出来ないようにロックしたり、
    最悪の場合はデータが漏れないようリモートワイプをすることが出来ます。
    リモートワイプをしたスマートフォンは、機種によって利用できなくなります。
    例えば、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスは、iCloudアカウントに紐付け
    されているので、リモートワイプをしてもiCloudへの登録が出来ないので
    スマートフォンとしての利用は出来なくなります。

    家族のスマートフォンを管理するのにモバイルデバイス管理が必要か、といえば
    もしかしたら不要かもしれません(笑)
    ただ、個人が使うモバイルデバイスが複数台になってくると、一括管理できたほうが
    管理面では楽になると思われます。手動で1台ずつ設定することも出来ますが、
    一括管理ということも検討してみる価値はありそうです。

    仕事で使える!Google Apps モバイルデバイス管理編 BYOD実践ガイド!Android for Work対応版 【POD】 (仕事で使える!シリーズ(NextPublishing)) [ 佐藤芳樹 ]


    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    名刺を作るなら
    ビスタプリント(Vistaprint)で印刷
    プロフィール

    滝川礼

    Author:滝川礼
    MacBook AirとiPhone,iPadを手に
    駆け回るエンジニア
    @SOHO(https://www.atsoho.com/)
    メールマガジンのライターをしています

    MCITP:
    ・Windows Server 2008
    ・SQL Server 2005

    ・情報セキュリティアドミニストレータ(2005)

    よく検索されている記事
    よく検索されているアイテム
    よく検索されるアイテムの価格をチェック!
    RSS
    カテゴリ

    検索フォーム
    リンク
    お問い合わせはこちらから
    よくいただくお問い合わせについては、ブログの記事をもってご回答とさせていただきます。ご了承願います。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング
    リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
    ページランク表示ツール
    [ジャンルランキング]
    未設定
    --位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    未設定
    --位
    アクセスランキングを見る>>