FC2ブログ

    Windows Server 2008 R2の移行計画

    Windows Server 2008 / 2008 R2の延長サポート期限は、2020年1月14日。
    これ以降はセキュリティパッチも提供されなくなるので、
    社外向けにサービスを提供している企業はもちろんのこと、
    社内向けにサービスを提供している企業にとっても大きな問題となります。

    移行に考える先としては、Windows Server 2012か2016。
    とはいっても、Windows Server2012は既にメインストリームでのサポートが終了しているので、
    延長サポート期間の終了する2023年1月10日までが一応の目安になります。

    Windows Server 2016であれば、メインストリームでのサポート中であり、
    2022年1月11日まで継続。その5年後の2027年1月11日が延長サポートの終了日になります。

    使っているシステムやアプリケーションの対応状況にもよりますが、
    どうせ移行に費用がかかるのであればWindows Server は2016を選びたいものです。
    ハードウェアの耐用年数も考慮するなら、ハードウェアも含めての購入を検討したいものです。

    【送料無料】IBM 01GU626 Microsoft SQL Server 2016 Standard Windows Server 2016 Datacenter ROK (16コア) レノボ版(日本語)【在庫目安:お取り寄せ】

    価格:740,080円
    (2018/7/11 08:21時点)




    会社の規模がある程度小さい場合は、検証作業まで含めて数日〜数週間程度で済みます。
    ですが、Windows Server 2008登場の頃に作成したカスタムアプリケーションが
    新しいWindows Serverで動かなければ改修作業が必要でしょうし、
    場合によっては新規作成が必要かもしれません。

    サポート期限の延長は、特殊なことでも無い限り無いでしょう。
    今から移行を意識して移行計画を確立していく必要があるでしょう。




    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    名刺を作るなら
    ビスタプリント(Vistaprint)で印刷
    プロフィール

    滝川礼

    Author:滝川礼
    MacBook AirとiPhone,iPadを手に
    駆け回るエンジニア
    @SOHO(https://www.atsoho.com/)
    メールマガジンのライターをしています

    MCITP:
    ・Windows Server 2008
    ・SQL Server 2005

    ・情報セキュリティアドミニストレータ(2005)

    よく検索されている記事
    よく検索されているアイテム
    よく検索されるアイテムの価格をチェック!
    RSS
    カテゴリ

    検索フォーム
    リンク
    お問い合わせはこちらから
    よくいただくお問い合わせについては、ブログの記事をもってご回答とさせていただきます。ご了承願います。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング
    リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
    ページランク表示ツール
    [ジャンルランキング]
    未設定
    --位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    未設定
    --位
    アクセスランキングを見る>>